メダロット9のキャラが可愛い!システム面の進化など紹介

特典

2015年12月24日、遂にメダロットの新作『メダロット9』が発売しました。このメダロット9はシステム面が凄く改良され登場。(画像は早期購入特典)

メダロットシリーズは「メダロット2~5、7」と5作しかプレイしてなかった私にとってこの変化には驚かされました。

いや~、本当にびっくりしました(;´∀`)

女の子キャラクターもめちゃくちゃ可愛くなってるし・・・。

ロボロボ団

信じられるか・・・?これがロボロボ団なんだぜ?

ミオ

ヒロインポジっぽい女の子キャラも可愛くなってます。

スポンサーリンク

ロボトル後に入手できるパーツが最大3つに

パーツ獲得

今回は相手のメダロットを機能停止させた数に応じて、勝利後の獲得パーツ数が最大3つになりました。

相手のメダロット3機全て機能停止させることができれば、一度のロボトルで3つもパーツを入手できるという過去作からプレイしてきている人には考えられないシステムに。

さらに、入手するパーツを自分で選択することができます。

はっきり言ってこれが一番驚きました。

GBの頃からこれまで、一度のロボトルで入手できるパーツは1つでランダムでしたからね。

戦闘中にパーツの変更が可能に

パーツ換装

戦闘中に一度だけ、あらかじめ登録しておいたパーツに変更することができるようになりました。

ただ、デメリットとしてリーダー機が相手にばれてしまいます

※最近のメダロットは、頭部を攻撃するまでどの機体がリーダーがわからないようになっています。

遂に来たか!って感じです(笑)

防御する時のコマンドも入力できるようになったり、だんだん実際のロボトルをしているようなシステムになっていってますね。

ロボトル中いつでもBGMの変更が可能に

BGM変更

ロボトル中にメニューを開くと『ロボトル設定』からいつでもBGMを変更できるようになりました。

これは個人的に本当に嬉しい変更です(`・ω・´)

今作は200円x2=400円課金する必要がありますが、戦闘中のBGMを20曲増やすことができます。

曲名は以下。

ロボトルBGM①

  • Strike Enemy (M2)
  • Days of Typhoon (Mnavi)
  • Dark Night (M4)
  • The Chaos Emperor (M7)
  • Disobey (MD)
  • Robin Hood (MD)
  • Robattle 3 (M7)
  • Last Boss (DS)
  • Mysterious (M8)
  • Dancing Phantom (M8)

ロボトルBGM②

  • DO・OR・DIE (M4)
  • Robatle No.1 (M5)
  • Beat Up (M3)
  • Let’s Robattle Dance (M4)
  • Rays Of the Sun (MD)
  • Absolute zero (MD)
  • Nirvana (M7)
  • Robattle 2 (DS)
  • Shake It Up Baby (M8)
  • Core of Black (M8)

私もこの20曲をダウンロードして、メダロット3~5の曲をメインにローテして遊んでいます。

ボス戦の曲が多いので通常の戦闘では壮大過ぎる感じがしますが、やっぱり良い曲が多いですね(。-`ω-)

エリア移動も簡単に

マップ

3DSの下画面の「エリアマップ」でエリア移動もタッチだけで目的の場所に移動することができます。

これはもしかしたら、8からなのかもしれませんが。

終わりに

チュートリアルでは、ロクショウ先生の親切な解説講座が開かれ面白かったです。

チュートリアル

おそらくカブトバージョンだとメタビーが解説してくれるのでしょう。

購入する時にカブトとクワガタどちらを選ぶか少し迷いましたが、今回はクワガタに。

正直、ここまでメダロットが続くと思っていなかったですが、まだ「ほるまりん」さんがデザインするメダロットで遊べると思うと嬉しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です