【アニメ】緋弾のアリアAA 完結&感想

アリア

10月から始まった『緋弾のアリアAA』も遂に最終話を迎えましたね。

正直言って、アリアシリーズがアニメ化することはもうないんじゃないかと思っていただけに、アニメ化が決定した時は目を疑いました(笑)

1話見た時なんかアリアがめちゃくちゃ可愛くなってて、またまたビックリ。本編主人公のキンちゃん様も地味に登場させてくれて良かったです。

スポンサーリンク

水蜜桃は必要だったのか?

水蜜桃

アニメ11話から12話にかけて夾竹桃の姉である『水蜜桃』が登場しましたね。

実は、この『水蜜桃』原作には登場しないアニメオリジナルキャラなのです。

原作コミックを読んでいたので、「夾竹桃の姉!?うっそだろw」と驚愕。水蜜桃の声優は有名な「斎藤千和」さん。

原作でも夾竹桃との戦闘はあっさり終わったので、ラストを盛り上げるために参戦させたのでしょう。しかし、思っていた以上にあっさりやられてストーリーとしては今一つ。ですが、キャラだけで見ると最高ですね。

水蜜桃のキャラとおそらくノリノリでしている斎藤千和さんの演技が相まって爆笑。高笑いしながら銃ぶっぱしてるシーンは本当に面白かった。

その他感想

やっぱりなんと言っても12話の「アリアVSあかり」のシーンは素晴らしかったです。作画も力が入っていて安心して見られました。

あと、原作だと夾竹桃編の後に行われる「志乃と麗のあかり争奪戦」が7話に組み込まれていたのは上手かった。あかりたちと高千穂の仲を先に深めさせておく構成は良かったです。

ただ、原作だとキンジとレキが狼を追うシーンと同じ時間なので原作読んでる人は流れがごちゃごちゃしてわかりにくくなった感じはしますね。

だから、バイクに乗ってるキンジとレキを映せなかったんでしょう。

個人的に気になったところは、アリアがアミカ契約を破棄しようとしてたこと。これは自分の中では「ないな」と・・・。アリアだったら一度アミカにした時点で一人前の武偵になるまで面倒見そうですけどね。どうなんでしょう?

終わりに

冒頭で書いた通り、正直アリアシリーズがまたアニメ化するとは思っていなかったのでうれしかったんですが、本音を言っちゃうとAAよりも『本編の2期』をやってもらいたかったです(笑)

このAAのクオリティで人間離れしていくキンちゃん様を見られたら最高ですね。本編2期に期待したいです。

ちなみに、ニコニコ動画では大晦日に12話が放送されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です