【MHX】狩猟笛で行く4大メインモンスター攻略&感想

今回は、狩猟笛で村・集会所をクリアした私から見た4大メインモンスターの感想と攻略法を書きたいと思います。

片手剣の『減気の刃薬』から頭部へのブレイドダンスずるい・・・。

スポンサーリンク

ガムート

ガムート

雪山の主、巨獣ガムート

モンハン4のネルスキュラやアルセルタス、ゲネルセルタスのような新しさがあり良かったです。

最近は、モンスターハンターではなくドラゴンハンターでしたからね。ネルスやセルタスのような虫タイプやこのガムートのような牙獣タイプの大型モンスターが増えてる傾向はグッジョブ!

攻略

基本的に、動きが遅いモンスターなので後ろ足を攻撃していれば簡単に討伐できます

雪纏い

4本の足に雪を纏う時の動作中がスタンを狙う一番のポイント。スタン値判定が出る場所も広めなので攻撃はあてやすいです。ちなみに角のあたりですね。

ただ、ガムートは前脚あたりへの攻撃が多く強力なので無理をしないことが重要です。

スタンを狙いに行って力尽きたらどうしようもないですからね(;´・ω・)

ライゼクス

ライゼクス

リオレウスとやりあっていた雷竜ライゼクス

発売前から見た目では、4大メインモンスターで一番好きなモンスターです。

だがな、お前にはがっかりだよ。(´・ω・`)

4大メインモンスター最弱じゃねぇか。まだガムートさんの方が強いぞ。

攻略

動きが素早いように見えますが、攻撃モーションにかなり隙が多く倒しやすくなっていますね。

お手ライゼクス

特に、翼で地面を殴るお手の後は頭部を攻撃しやすいです。

また、尻尾から電撃ビームを出す時もまるで「殴ってくれ」と言っているようなくらい隙だらけ。猫やパーティーの他のプレイヤーを狙っている時はガンガン頭を殴りましょう。

空中から地面に着地する時も頭を殴るチャンス。

聴覚保護を吹ける笛なら咆哮中も頭部を攻撃できスタンを取りやすいです。

注意する攻撃は、ジグザグの電撃ブレスと空高くから地上に勢いよく突っ込んでくるタックルの二つでしょう。

ジグザグブレスはよく見て慣れること、空高くからのタックルが来そうなときは素早く動き回って回避すれば大丈夫です。

ライゼクスは意外と隙が多いので攻撃を受けないことを意識して立ち回れば、おのずと攻撃チャンスが生まれてきます。

タマミツネ

タマミツネ

身内でドラゴンドライブに出てきそうだと言われている泡狐竜タマミツネ

デザインもかっこよく、ライゼクスの次に好きなモンスターです。

発売前はこいつが最弱だと思ってました。上位のタマミツネに防御150でツッコんだらクロス初乙しました、はい。侮ってすみません。(´・ω・`)

個人的に4大メインモンスターで2番目に強いモンスターで、何より戦闘中のBGMが素晴らしい!!

攻略

4大メインモンスターの中で一番スタン耐性が高いように感じました。

頭の小ささと変則的な動きが合わさって、ある程度慣れるまでは頭部に当てるのは難しいかもしれません。

スタンを狙う簡単な方法は、聴覚保護の吹ける笛を使うことでしょう。

咆哮中は「A」ボタンの右ぶん回しから「X+A」の後方攻撃が綺麗に入ります。咆哮回数も多めなのでおすすめです。

リーチを生かす

タマミツネは前方攻撃が多いので真正面に立たず、笛のリーチを生かして横から殴ると被弾する確率を減らせると思います。

また、少し慣れてきたらタマミツネが振り向いた時に攻撃を当てるのがおすすめ。個人的に、タマミツネは振り返ったところに当てやすいモンスターだと思います。

スタンを狙わない場合は、後ろ脚のあたりを攻撃していればそれほど被弾しないでしょう。

エリアルで乗りを狙っていけば、スタンも取りやすいと思います。

ディノバルド

ディノバルド

ムービーでリオレイアを両断しようとしていたディノバルド。流石、斬竜と呼ばれるだけあって尻尾の切れ味は抜群。

ムービーでレイア逃げたけど、翼とか切り落としてほしかったよ。

4大メインモンスターで最強だと思われるモンスターです。モンハンの看板モンスの中で最強クラスですね。

攻略

頭に張り付いて攻撃する、笛やハンマーが気をつけたい攻撃が「かみつき」と「尻尾で炎を前方に射出する薙ぎ払い」の二つ。

口に炎を纏ってからだと火やられもついて非常にやっかいです。

大回転切り

そして、全武器種で気をつけたい攻撃が尻尾を用いて放たれる大回転切り

二つ名ディノバルドだと2回続けて放ってくる高威力の攻撃ですね。

お前はリンクか(´・ω・`)

ブシドースタイルだと余裕で回避できますが、ギルドスタイルでもなれるとフレーム回避できる攻撃です。

ちなみにこの攻撃、ディノバルドの足元のけつの辺りにいるとあたりません(笑)

このディノバルドにスタンを入れる簡単な方法は、タマミツネ同様聴覚保護を吹ける笛で行くことでしょう。

ディノバルドは体の向きを変えたりすると後ろに下がる行動が入るので、初めのうちは動いてるディノバルドの頭に攻撃を当てることはかなり難しいと思います。

咆哮中に頭部を攻撃することと、口に炎を纏う時に大きな隙ができるのでそこでも頭部を攻撃します。

炎を口に纏った時に頭部を少し攻撃すると、ダウンを取れるので狙ってスタン値を稼ぎましょう。

クリアが目的の場合は足元で笛を振り回していれば大丈夫だと思います(`・ω・´)

終わりに

今作、狩猟笛は重音色のおかげでかなり強くなりました。4gまで攻撃をあてながら旋律を奏でていた笛使いは嬉しいはずです。

しかし、音色が画面のど真ん中に来るのは何とかならないものか。

画面の左下とか空いてるじゃんか・・・。

演奏するタイミングも考えないといけなくなりかなり神経を使いますね。

どうしてもこれだけは最後に言っておきたい。

ディノバルドお前尻尾長すぎなんだよ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です