食戟のソーマ16巻にて新王薊爆誕!!見どころと17巻の発売日紹介

16巻表紙

2016年1月4日、本日遂に食戟のソーマの16巻が発売されました。

表紙は、えりなとえりなの父である薙切薊です

いくら話に絡んでくるからといって表紙にまで載るとは思わなかったぜ・・・。これじゃ、完全に魔王と囚われの姫にしか見えないな(。-`ω-)

実際、そんな感じなんですけどねw

続いて、この16巻の見どころを3つ紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ソーマVS《遠月十傑・第八席》久我照紀 決着!!

まずはここでしょう。

15巻では、5日間ある学園祭での売り上げ勝負で二日目まで進みました。良いところで終わってしまい続きが気になっている方も多いでしょう。

十傑第八席久我照紀の圧倒的な実力により、初日に大赤字を出してしまったソーマ。

ソーマ16

しかし、ただ黙っているソーマではなく、遂に反撃に転じます。

その料理とはいったい何なのか!?

十傑第二席・小林竜胆が可愛い

これは完全に個人的なことです(笑)

竜胆先輩1

この16巻では、十傑第二席の竜胆先輩がめちゃくちゃ登場します。

竜胆先輩好きな人は今すぐ読んだ方が良いでしょう(`・ω・´)

表紙裏

ちなみに、16巻の表紙の裏側は「胡椒餅を食べている竜胆先輩」です。佐伯俊先生なのか編集なのかわからないが、竜胆先輩を選択したセンスは素晴らしい!!

ありがとうございます( ;∀;)

ちゃんと表紙の裏側まで確認してる人って少ないんじゃないかと思う。

新しい王の誕生

16巻の一番の見どころはやはり、えりなの父である薊が登場することでしょう。

薊

この薊が登場したことにより、ストーリーが大きく動きます。薊の目的はいったい何なのか?

正直言うと、話の内容を忘れるくらい強烈なキャラなのでいろいろと楽しめると思います(笑)

17巻の発売日はいつか?

17巻発売日

17巻の発売日は2016年の3月4日を予定しているようです。(16巻の巻末参照)

17巻では、極星寮に危機が迫りソーマは初の十傑との食戟へ!!

今回は間2カ月でしたね。ファンとしては早くて嬉しい限りです(`・ω・´)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です