【食戟のソーマ】151話・開戦 親バレした後のえりなの表情が面白い  

151話トップ

先週の150話でえりなは遂に創真の父親が「才波城一郎」であると知ってしまいましたね。ちょうど創真が父親の名前を言っているところで終わり今週号を早く読みたくて仕方なかったです。(`・ω・´)

そして、開いてみたら序盤からえりなさまのアホ面ラッシュで笑ってしまった。

スポンサーリンク

アホ面!でもかわいい

えりなショック

これまでさんざん創真と創真の料理をコケにしてきたことを思い出して悶絶。

まあ、創真の作る料理から間接的に尊敬していた人を馬鹿にしていたわけですからね。倒れそうになるのも無理はない。

編入試験で出した、おそらく城一郎がレシピを考えたであろう「化けるふりかけご飯」の時なんか「やはり底辺の料理人ね」からふりかけの見た目を見た時の「所詮二流の料理人の仕事ね」のコンボw

今後もえりなの反応が楽しみです(。-`ω-)

食戟の華咲き乱れる予感!

一色先輩

改革を進める薊政権が動き出し面白くなりそうです。

漫画2巻の9話で創真と料理勝負をした一色先輩の『あの編入性を引き金にしてこの学園に食戟の華咲き乱れる予感』のフラグが遂に回収されそうですね。

一色先輩もまさかこんな状況で食戟が起こるとは思っていなかったでしょう(笑)

全て動きを読んで予め裏で何かしていた一色先輩のこの頼れそうな表情。もはや一色先輩一人で現十傑全員倒せるんじゃね?とかそのくらいの安心感がある。

ふてくされ叡山

しかし、創真に食戟で敗れた叡山の居心地の悪さが伝わってきてちょっとかわいそうになった。顔芸も披露してそのうえで負けるとかもう自分から十傑降りるレベル。

でも、そんな叡山もちゃんと竜胆先輩が気遣ってましたね。

次週からは、これまでほとんど登場せず影が薄かった薊側の十傑たちが活躍しそうなので要チェックです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です