緋弾のアリア4巻感想&ネタバレ

今期から緋弾のアリアのサイドストーリーである『緋弾のアリアAA』が始まりますね!これを記念して当時本家がアニメ化していた時に勢いで買ったアリアを読み始めました。正直、2期などアニメ化はしないと思っていたので驚いています(笑)

AAが始まったので人気次第では、本家の2期も可能性としてはありそうです。

スポンサーリンク

3巻のエピローグ

アニメではイ・ウーのNO.2である吸血鬼『ブラド』をキンジ、アリア、リコの3人で倒して終わりました。そこまでがちょうど3巻でしたが、思い出すことも必要なので3巻の後半ブラド戦から読み始めました。

アリア3巻表紙

文章を見ると戦闘中の擬音語が少し気になるが、個人的にやはりシナリオとキャラなどの設定は好み。アニメでは、アリアでヒステリアモードになっていたところも、リコでヒスっていたり、ブラドの弱点をリコが掴んでいたりアニメと違うところもありましたが、まあ忠実に再現されているアニメの方が少ないと思うので別々に楽しめば問題ないでしょう。

3巻の最後には、カナが登場します。以前、白雪に『狼と、鬼と、幽霊に会う』と言われていたキンジ。ここで最後の幽霊であるカナがキンジの前に現れます。カナとは、アンベリール号で亡くなったと思われていたキンジの兄・遠山金一であった。

そのカナは、「これから一緒にアリアを殺しましょう」とキンジに告げる。

緋弾のアリア4巻の感想

それでは、4巻の話に!!

アリア4巻表紙

4巻の表紙は、アニメの最後にも映っていたカナです。アニメではリコが変装したり、キンジがやたら気にしていましたね。

可愛いだろ?こいつ男なんだぜ・・・(´・ω・`)

正体はキンジの兄です。女装することで性的興奮を得てヒステリアモードになるために女装しているみたいですね。こぶいちさんの絵が可愛くて間違った道に進みそうだぜ(。-`ω-)

キンジが飛行機を着地させた空地島の風力発電機のプロペラの上で対峙する二人、キンジはアリアを守るためにカナに勝負を挑むも遠山家史上最強と言われる兄に手も足も出ずにやられてしまう。

キンジも一応ヒステリアモードの時はSランク武偵の力があるわけだが、それでも大人と子供以上に戦力差があるとか兄さん強すぎるよ・・・。

女キャラが多いが、ここにきて一応男キャラが追加されて嬉しいです。武藤とか不知火とかも時々出てくるけど、正直もうちょいメインの男キャラ増やしてほしい(´・ω・`)
今後に期待したいですね。

4巻では、これまでアリアにパートナーとして付いていたツケが回ってきます。強襲科(アサルト)アリアとクエストをこなしていたため自身の探偵科(インケスタ)のクエストをやっておらず単位不足で進級の危機に。

そこで、単位不足を1クエストで解消できるカジノ警護の依頼を受け、キンジ、アリア、白雪、レキの4人パーティーで臨みます。

さあ、お待ちかねのサービスシーンですよ!!

アリアと白雪のバニーガール姿が拝めます。アリアはカラーページに白雪は挿絵で登場。レキは、ディーラーをやっているので今回は残念ながらありません。

カジノ警護中に何者かに襲撃されます。襲撃者を全滅させる4人だが、不意を突かれアリアが銃撃され連れ去らわれてしまう。追おうとするキンジの前に兄である金一が現れ兄弟対決が実現!

いやあ、これは熱いです。ヒステリアモードでも勝算はほぼない相手にアリアを助けるために立ち向かうキンジさんはやっぱり主人公です。しかも、これまで尊敬してきた実の兄に歯向かってですからね。

その後も、アリア奪還に向けて熱い展開が続きます。そして、4巻の最後には『イ・ウー』のリーダーである教授(プロフェシオン)が現れます。

これには驚きましたね(笑)
え?お前がリーダーやってるのかよ、と。

これは、5巻が相当面白い巻になるんじゃないかと期待してしまいますね。

新キャラも登場し、話が大きく動く4巻だったので一気に読めました。これはぜひ動いてる映像で見たいですね~。AAよりこっちをアニメ化してほしい(´・ω・`)

以下ネタバレにいきます。

4巻ネタバレ

空地島でカナと戦い意識を失ったキンジは目が覚めると自室にいた。空地島に向かう前と同じくPCの前で目を覚ましたキンジは、アリアに聞くも「私が帰ってきてからはずっとそこで寝てた」と言う。

悪い夢だと思うことにしたキンジ。しかし、学校に着いたキンジにさらに悲しい現実が襲う。

『2年 A組 遠山金次 専門科目探偵科 1,9単位不足』

この単位を得るために1,9単位分出る依頼カジノ警護を受けることに。

そして、キンジの前にいきなり現れた理子が「強襲科でアリアとカナが戦っている!」と。

キンジが駆けつけるとそこには、片膝をつき圧倒されているアリア。

現在わかっているカナの技は2つ『不可視の銃弾(インヴィジビレ)』銃が見えない銃撃。

もう一つは『サソリの尾(スコルピオ)』長い三つ編みで何かをする攻撃。

キンジが止めに入るとカナはどこかに行き、アリアは気を失う。

その後、いろいろあったがアリアと祭りに出かけ浴衣シーン到来。

カジノ警護の依頼に行った4人は、頭がジャッカルで体が人間である「ジャッカル人間」に襲撃される。

数多くいたジャッカル人間をほぼ討伐し、最後の海上に逃げた1匹を追うキンジとアリアは討伐に成功する。しかし、遮蔽物のない海上でアリアが狙撃されてしまう。

その相手は『イ・ウー』の次期リーダー「教授」の座を狙うクレオパトラの末裔『パトラ』であった。パトラに囚われたアリアを助けようとするが、ここで兄である金一が出現。パトラは退き、兄弟対決をすることに。

『第二の可能性』のために船が沈む15秒の間にもう1度お前を試すと言う兄に挑むキンジ。『不可視の銃撃』をわざと受けその仕組みを解明したキンジは、2連射による「銃弾撃ち(ビリヤード)」と「鏡撃ち(ミラー)」の複合で銃弾を跳ね返し、兄の銃ピースメーカーを破壊することに成功する。

意識を取り戻したキンジは、攫われたアリア奪還に向けてパトラのいる場所に白雪と向かう。そこは、アンベリール号であった。

近くにピラミッドがあると無限の魔力を得られるパトラを相手に白雪が時間を稼ぐも力尽き、追い込まれたキンジの援護に来たのはアリアを殺さずに『イ・ウー』を壊滅させる『第2の可能性』にかけたカナだった。第1の可能性は、アリアを次期リーダーにする方針のためアリアを倒して『イ・ウー』に空白期間をつくること。

カナの出現により形成は逆転し、アリアを救出することに成功する一行だったが彼らの前に『イ・ウー』のリーダー「教授(プロフェシオン)」が現れる。

カナはキンジたちに逃げるように言うが、はるか遠くに現れた「教授」に狙撃されてしまう。

現『イ・ウー』のリーダーは、なんとアリアの曽祖父である若かりし頃の『シャーロックホームズ1世』だった。

ネタバレ感想

これは、流石に予想外でした。作中で武偵のモデルになったと言われる初代ホームズが『イ・ウー』のリーダーですからね。4巻というかなり序盤でもう使ってくるとは思いませんでした。

結局、カナもキンジを信じてキンジの味方に付いて良い兄貴じゃないか。パトラは金一に惚れてるんですね(笑)
金一との絡みは個人的に好きです。パトラがあからさまに取り乱すのを想像すると面白い。

5巻では、アリアが尊敬している曽祖父相手にどう行動するのか。それに対してキンジはどうするのか楽しみですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です