ノーゲーム・ノーライフ5巻感想

5巻も読み終わりました!!5巻の表紙は、天翼種(フリューゲル)のアズリール先輩。
アニメ最終話の最後の方にプラム(ダンピール)とアミラ(セイレーン)と共に3人で映っていた前屈みの女の子です。右側が現在海棲種(セイレーン)の女王の代理を務めているアミラです。

5巻+アミラ

女の子と言いましたが天翼種の中で初めに生まれた個体で年齢は2万6千歳、なのにこの見た目で語尾に「にゃ」を付ける女の子・・・。 

アズリール先輩

いいじゃないですか!!せっかくなので作中で空が使ったセリフを

可愛いは正義!!!

可愛ければ年齢が1万歳超えててもいいんじゃね?と自己完結しました。(笑)
どうやらアズリールは妹であるジブリールのことがとても好きなようで、どうにか自分のことをお姉ちゃんと呼んでもらおうとします。そこを空に交渉で揺さぶられてるシーンは面白く、「何だこの子、可愛いな~」とニヤニヤして読んでいました。
また、アニメで一瞬出てきたアヴァント・ヘイムに映っていた頭骨はジブリールが獲った竜の首だったんですね。ビックリしました。

スポンサーリンク

天翼種とのゲーム内容

5巻では、空白の二人は天翼種(フリューゲル)とゲームを始めます。ゲーム内容はちょっと特殊な『鬼ごっこ』なんですが、これがなかなか熱い戦いで一気に読み進めました。このゲームは、空白&プラムVS天翼種約100人で行われる言葉遊びを含んだ鬼ごっこ。

ルール

  • 空白の勝利条件・フリューゲル約百人に捕まらずに1時間逃げ切ること
  • ハンデとしてフリューゲルは空間転移は使えない。
  • 『あ』~『ん』までの46文字をフリューゲルは1人1文字所持していて、空白が体のどこかにある文字に触れるとその文字を手に入れることができる。その文字を繋げて言霊(ワード)にすることで物体でも概念でも具象化できる。

アヴァント・ヘイムを舞台にこの空中鬼ごっこをするために、空を飛べるプラムの力を借ります。その間、プラムは力を持続させるためにずっと空の背中の汗をぺろぺろしてるんです。汗でも相手から魂を吸収できるからですね。それが、想像するだけで笑えます。アニメになったらどんな感じになるのか楽しみですね。

一方で、クラミーとフィールの二人は森精種(エルフ)の国「エルヴン・ガルド」を切り崩すために動きます。もちろんゲームをするシーンもあります。
しかし、クラミーがなかなか可愛い。空白とオセロゲームをして空と記憶を共有したのを最大限に活かそうと、寝る間も惜しんで空の記憶から技術を勉強してるようです。健気な子やぁ。今は、空白サイドの話がメインであまり出てきませんが、今後、この二人の話も増えてくるんじゃないかと思います。
というか、こっちの二人組も好きなのでぜひ出していただきたいな~なんて(/ω・\)チラッ

そして、5巻終わりには予想外の展開が待っています。「そこまで、仕組まれていたのか」と思わされるほどの衝撃でした。この4,5巻で吸血種と海棲種編は一旦終わるようですね。

これから5巻を読むぞ!って人は、これだけは覚えていてほしい。

吸血種(ダンピール)は隠密と幻惑が得意な種族ーつまりだ、他人をハメるのがうまい?ってことなんだ。

もう一つは、『可愛いは正義!!!』だ!

可愛ければ、全て許されると信じてる・・・。(´・ω・`)

何かに目覚めそうだ・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です