この素晴らしい世界に祝福を! 5巻の感想とネタバレ

5巻表紙

『この素晴らしい世界に祝福を!』5巻の表紙は、紅魔族の『ゆんゆん』です。年齢は14歳でめぐみんと同級生です。

同級生…、この胸の格差…。

4巻では、水と温泉の都【アルカンレティア】で魔王軍の幹部ハンスを討伐し、アクシズ教団をうまく躱し無事始まりの街【アクセル】に帰還した一行。

帰還して早々、屋敷を訪れたゆんゆんから紅魔族が魔王軍幹部の進行を受けていることを聞き、全員で紅魔の里に向かうことに。

スポンサーリンク

オークにやられる女騎士はいなかった

オーク

この世界のオークは、

・既にオスは絶滅し、生まれてきても搾りかすにされて短命。

・他種族と交配しまくっているため、既にオークとは言い切れない別のモンスター。

・他種族のオスを狙い子作りをする。特に強いオスは狙われる。

これらを知らず、オークは通常女性を襲うものだと思っていたカズマは紅魔の里に向かう途中に遭遇したメスのオークをドレインタッチでダウンさせてしまう。

強いオスと認識され、多くのメスオークに追われるハメに。

やったぜ!!カズマさんにも遂に春が来た!!

ダウンさせたオーク(ピチピチ16歳のスワティナーゼ)に地面に押し倒され、上着を破かれ叫び声をあげまくるカズマさん(笑)

結局、追いついたゆんゆんに助けられ解放された安心感から泣き出してしまう。

貞操を守れてよかったな(´・ω・`)

落ち着いてきたところで、ゆんゆんを含めた4人に向け、

『…お前ら、揃いも揃って綺麗な顔してるよな』

『お前らって、本当に、美人だよな』

と、カズマらしくない言葉が漏れる(笑)

確かに、中身はともかく見た目だけなら美が付く女性たちばかりだからな。

恋愛対象として最底辺だと思っていた奴らよりも酷い相手がいるとわかれば、こんなことを言ってしまうのも仕方ない。

カズマにモテ期到来!?

めぐみん

この5巻はカズマにとっておいしい出来事が多かったですね。

4巻の最後にゆんゆんに「私!カズマさんの子どもが欲しい」と言われたところから始まり、雌のオーク集団に追われハーレムを築き上げる。

紅魔の里では2回もめぐみんと同じ布団で寝ることになり悶々とする。

更に、新たに登場した魔王軍幹部・グロウキメラのシルビアに気にいられ、シルビアの胸の中で幸せを噛みしめるカズマさん。

こっちの世界来てから初めてじゃないか?

胸に顔を埋めることができたの。

捕われているカズマを助けようとするアクアたちだが、カズマはこれを拒否(笑)

そりゃあ、こんな良いことしてくれる人と一緒にやっていけるなら魔王軍にも降っちゃうよね。カズマらしい行動で面白い。

でも、そんな上手くいかないのがこのすばですよ。

シルビアは、キメラなので胸は後から合成して付けたものでした!!

ちゃんと下腹部には『性剣』もあるよ!!

半分男だって知った後のカズマの態度が急に変わり過ぎて、見てて本当に清々しい。(笑)

VS魔王軍幹部・シルビア

シルビア

紅魔の里に封印されていた魔法を受け付けない兵器『魔術師殺し』を体に取り込んだシルビアは、これまで散々返り討ちにされた仕返しとして紅魔の里を蹂躙。

紅魔族はシルビアと戦闘するかと思いきや、厨二な決め台詞を言いシルビアを煽って攻撃される瞬間にテレポートで逃げるというクソみたいな展開に(笑)

なんだろう…、ベルディアさんの時と同じような感覚が。

遊ばれて倒されるって、魔王軍幹部の扱いが本当にかわいそう(´・ω・`)

ここは凄く映像で見てみたい。絶対面白いわ。

覚醒ゆんゆん

ゆんゆんはシルビアの前に立ち、テレポートを使えないことを言い放つと、族長になる者にしか伝わっていない禁呪を使うために詠唱を始める。

キタァアアアアアア!

ゆんゆんは一般人から見て唯一まともな紅魔族だからやってくれる!!

と思っていた時間が僅かにありました(´・ω・)

決め台詞を放ち、なんかかっこいい稲妻を背後に降らせた後、近くにいた紅魔族のテレポートで離脱(笑)

お前もかよ!!

戦闘後に決め台詞言ったことを後悔して恥ずかしがってるシーンは可愛かったです。

終わりに

今回もカズマのクズさが安定してて最高でした。

あれ?

そういえば、最近変態クルセイダーあんまり活躍してない…(´・ω・`)

今後いらない子扱いに拍車がかかりそうだ。

この素晴らしい世界に祝福を! (5) 爆裂紅魔にレッツ&ゴー!! (角川スニーカー文庫)
この素晴らしい世界に祝福を! (5) 爆裂紅魔にレッツ&ゴー!! (角川スニーカー文庫)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です