この素晴らしい世界に祝福を! 小説3巻の感想とネタバレ

3巻表紙

『この素晴らしい世界に祝福を!』の小説3巻も読み終わりました!!

この3巻では、いつも通りのノリでストーリーが進みながら、特殊性癖持ちであるダクネスさんについてだいぶ詳しく語られました。

ダクネス好きな人は必見の巻ですね。

3巻の表紙はお馴染みの3人が担当。左下の小さいキャラは3巻から登場した『紅魔族』の新キャラクターです。

2巻では、ダクネスを除くカズマ一行や魔道具屋のウィズの活躍もあり、通った跡には何も残らないと言われる『機動要塞デストロイヤー』の破壊に成功した始まりの冒険者たち。

爆発が迫った機動要塞デストロイヤーの核・コロナタイトをウィズのランダムテレポートでどこかに転送し、事なきを得たかと思われたが・・・。

スポンサーリンク

幸運が高いとはいったい・・・

アクア異議

爆破寸前のコロナタイトを「人がいない場所の方が多い!何かあったら全ての責任を取る!」と言い、ウィズのランダムテレポートでどこかに転送したカズマ。

これが完全にフラグでしたね(笑)

テレポートで飛ばされた先がこの辺り一帯を治める領主の屋敷で、コロナタイトの爆発で屋敷が吹き飛んだらしい。

これが原因で国家転覆罪の容疑をかけられ、さらに本来アンデットしか使用できない『ドレインタッチ』を使ったことで魔王軍との繋がりを疑われることに。

う~ん、普段散々フラグ建てをしないように注意してるカズマさん焦っていたのか完全にやらかした感じ(笑)

こういう「あれ?もしかしてこれフラグじゃね?」っていう文章が大体次の展開へ繋がるフラグで直ぐに回収されるからダレなくて読んでいられるのはこのすばの良いところですね(。-`ω-)

嘘ついてるとベルが鳴る仕様のウソ発見器で取り調べ受けてるところが最高に面白かった。

○出身地はどこで冒険者になる前は何をしていた?

⇒出身地は日本です。そこで、学生をしていました。

チリーン♪

「・・・出身地は日本です。毎日家に引き篭って、自堕落な生活を送っていました」

○冒険者になった動機は?

⇒魔王軍に苦しめられている人々を助けるために、魔王を

チリーン♪

「・・・冒険者って何か格好良さそうだし、楽して大金稼いで、美少女にちやほやされたいなと思いました」

などなど…

カズマの本音とリアクションに笑いが止まらない。

結局、死刑判決を受けるカズマだが、ダクネスの一声により僅かながら時間をもらえることに。

紅魔族のゆんゆん

ゆんゆん

めぐみんと同じ紅魔族の新キャラ『ゆんゆん』が登場!!!

デュラハンのベルディアさんがめぐみんの名前を聞いて納得していたように、どうやら紅魔族の人間は全員こういう名前らしい。

紅魔族の時期族長になるゆんゆんがめぐみんの前に現れた理由は、紅魔族の学園で一番成績が良かっためぐみんを超え実力を示すこと。

めぐみんが紅魔族随一の魔法使いって言っていたのは、あながち間違いではなかったということか。

しかも、めぐみんと違って普通にスキルポイント振り分けてるから役に立つ!!優秀な魔法使い!!

もうこの子1人と組んだ方がカズマとしてはかなり楽なんじゃないだろうかと思う。

自分の名前がおかしいことに気づいてて、名前を呼ばれるときに恥ずかしがったり常識人だしね。

紅魔族の中では普通じゃないから浮いていたらしいが。

カスマ、クズマは伊達じゃない!!

クズマ

今回もカズマの鬼畜さが際立っていて最高だったぜ…。

ラノベなのに見開きの2ページを使用してマンガを差し込んでくるとは・・・イラストの三嶋くろねさんに感謝感謝。

分け合ってダクネスと1対1で戦うことになったカズマは木刀を渡されているにもかかわらず、いきなり『クリエイト・ウォーター』でダウネスをびしょ濡れにした後『フリーズ』凍えさせるプレイへ。

ダクネスが腕力を活かせる組み合いに持ち込んだ瞬間には『ドレインタッチ』を使用して体力を奪い、勝ちが視野に入った瞬間に賭けを持ち出す畜生さを披露(笑)

この戦いを見ていた外野はカスマ、クズマに納得。

この清々しいまでのクズさが見てて面白いから読書をやめるタイミングが難しくて本当に困る(´・ω・)

VS魔王軍幹部・バニル

バニル

リッチーのウィズさんとデュラハンのベルディアさんに続き3人目の魔王軍の幹部が登場。

3巻にして3人目とか1巻に一人のペースで出てるやん…。

始まりの町なのに魔王軍の幹部集まり過ぎじゃねぇか?

そのうち魔王まで始まりの町に現れそう(笑)

このバニルは一応人の体をしているが仮面が本体で、人間に憑りつき精神を乗っ取ることができる能力持ち。

憑りつかれた人間は苦痛を受けながら精神を乗っ取られていくようだが、バニルさん憑りつく相手間違えてるよ…。

そう!カズマたちの仲間には一人そういう類の攻撃はむしろご褒美になるキャラがいますね!!

ダクネスの強靭な体を見て憑りついたバニルさんは、精神を乗っ取ることはできずむしろ喜ばれて完全にコントに。

デュラハン戦の時も思ったが魔王幹部戦はかなり面白い気がする。

機動要塞デストロイヤー戦の時にほっとんど何もしてなかった分、今回はダクネスさんがだいぶ活躍してた。ちゃんとバランス取ってそれぞれのキャラを見せてくれて嬉しいです(`・ω・´)

終わりに

小説版も3巻まで来たわけだが…、おそらくアニメは2巻まででここまでやらなそう。個人的に、バニルさんとの戦いとかかなりアニメで見てみたいところだが。

でも、アニメのおかげで小説読んでる時にキャラクターを想像できるのでだいぶ助かってます。(`・ω・´)

テンポが良いのが本当に最高です。4巻も楽しみたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です