【緋弾のアリアAA】マンガ1巻の内容とアニメの違い

現在、放送中のアニメ『緋弾のアリアAA』。

遠山金次が主人公の本家とは違い、こちらは間宮あかりが主人公となり仲間たちとの関係がメインで描かれていますね。

アニメは、過去に放送されていた本家よりかなり作画が綺麗になっていて1話を見た時は驚きました。

アリアもキンジもかっこよくなり過ぎ!!(笑)

スポンサーリンク

マンガ(原作)とアニメの違い

AA1巻表紙

原作コミック1巻の表紙はこちら。

やはり1巻はあかりではなくアリアじゃないとね!(。-`ω-)

アリアと窃盗団の戦い

窃盗団逮捕

アニメ1話でアリアに捕縛されていた窃盗団ですが、原作コミックにももちろん登場しています。

アニメではあかりの登校中に船上で戦うアリアの姿が描かれましたが、原作だと普通に路上での戦闘だったんですね。

ここはアニメ制作の見せ方が上手かったです。1話いきなりあんな良いシーン差し込まれたら続けて見たくなっちゃうよね。

アリアとあかりの戦姉妹(アミカ)契約

エンブレム

アニメではアリアから銃を奪うことがクリアの条件でしたが、原作だと強襲科(アサルト)推奨のアミカ契約試験勝負『エンブレム』をやります。

ルールは、奪う対象が銃から体に貼られたエンブレムに変わっただけですね。

その場で直ぐにアリアに飛びかかるあかりですが、簡単に躱されます。

「銃でもナイフでも好きに使いなさい」

とアリアに言われ、ナイフと銃を使いますがこれも簡単に抑えられ・・・。

アリアSランク

ちゃんとアリアと銃や刃物で戦うシーンを描かれていて良いですね。

その後は、アニメ通りです。

「おいで、鬼ごっこしよ」

と言うアリアを追いかけます。

そして、最後の橋の上での一騎打ちで鳶穿(とびうがち)を使用し、見事エンブレムを奪いアミカになるようです。

また、アリアの部屋に招かれた時にはあかりとアリアのお風呂シーンがあったりします。

あかりVS志乃

佐々木志乃

マンガの志乃は病んでる感じがありありと感じられますね(笑)

目がもうほんと怖いですわ・・・(´・ω・`)

この志乃とあかりの戦いの時アニメではアリアが駆けつけたのですが、マンガだとあかり一人の力で乗り切ります。

原作は本家との時系列がしっかり理解できる

アニメであかりが作ったパラシュートがキンジを救う時にアリアが使ったものであることや、アリアとキンジが一緒に歩いて行くところは本家でキンジが強襲科(アサルト)に帰ってきた時であること(1巻~2巻)など、本家・緋弾のアリアをアニメで見た人にはかなりわかりやすく描かれています。

終わりに

キンジアサルト帰還

見よ!!!これがSランク武偵(元)だ!!!!

1巻の最後に出てくるキンジこれもう完全にラスボス(笑)

この時別にヒステリアモードになってないのにこんな強キャラ臭出していいの?

やっぱりキンジさんがいた方がアリアは面白いし笑える(。-`ω-)

1巻読んでみて、本家の内容も知っている私としては原作の方が面白く感じました。

アニメよりギャグのキレも良いような気がします。

本家とAAをしっかり繋げてくれている内容なので本家を知っている人には原作を勧めたいところです。

興味がある方はぜひ読んでみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です